FF12やった事ないけどせっちゃんの一連

FF12やった事ないけどせっちゃんの一連のプレイ見てわろたw
全然ゲーム始まらないとかw
今のスクウェアはムービーゲーで終わってるとか聞くけど、
せっちゃんのプレイを見てるとあながちデマでもないらしいw

聖☆お兄さん面白いよ!
あ、爆笑できるとかそんなんじゃないけどw
まったり楽しく読めるよw

カレーは福神一択。エルザタワー32の屋上って行けるんですか?らっきょうはあんまり好きじゃない><
でも島らっきょうっていって沖縄のらっきょうはまぁまぁおいしかった。
すげぇ息臭くなるなるけどね☆

1 Words

腰周りが少しだけ贅肉減ったのか前よりも短

腰周りが少しだけ贅肉減ったのか前よりも短く感じませんでした。
(全く短くないと言えば嘘になりますがねw)
コンキャミよりもこっちのが良いかな…胸の谷間は作らないので
真正面から見るとそうでもないんですけど。
というか最初から胸元に無駄な贅肉が無いのですけど^^^
其れに今欲しいのは新しいおぱんつなのです。消耗激し過ぎ。グランスイート四谷二丁目レジデンス引っ越しました。
12月の予約も入れたいし、次は29日に予約入れてきました。
遅番の後で次の日朝から掃除の日だけど…まぁ頑張るwお外出て人と話さなきゃwww

まっすーがドラマに出ると(ネッ友のミカさんから)聞いてたんですが、
毎週楽しみにしている獣医ドリトルに出るとは驚き。
因みに其の回は仕事が遅番だったので見られなかったのですが、
母方の実家(消灯は21時頃)で録画してあったので見せてもらいました。
何つーか…レスキューん時みたいな喋り方やね…
イルカのお話ですが、まさにイルカは癒されるってヤツです。
でもトラにゃんこにも癒されました。
真央さん「私にだって先生には判らない魅力が有るんです!」
ヨシダ(おデコが広い所かなぁ…)
オグシュン「デコの広さか?」
言われた!!(笑)

0 Words

|渋谷コーポラス

時計の事ですが。
自分で使ってる腕時計は一応5分早く進めてあるんですよ。

腕時計には別に何の問題もない。
問題なのは、家庭に存在する時計の方なのです。

普通は電池が切れてくるにつれ遅れてくると思うのです。

いえ、別に電池が切れてどうこういうわけでもないのですが。

なんで我が家の時計の尽くは何の細工も施してないのにやたらと進んでるんですか?教えて時計職人さん(泣)

一個だけ止まったまま結構な時間を放置してある腹いせですか?
それにしたって全部が全部5〜10分進んでるってのはどういう了見なんだろうか。

唯一マトモに時間表示してあるのはビデオデッキくらいって……他の時計いらなくね?

わざわざ時刻確認しながら合わせても気がつくと進んでいるのですが。
渋谷コーポラスの情報!

0 Words

|秀和西麻布レジデンス

職場の人に夏っぽさ漂う簪のような物を頂きまして。
なんかもらってばっかなのはいかがなものかと思い(普段は餌付けされてる)、お返しに何か作っていこうと思い立ったのです。

しかしこの時期、ケーキとかのお菓子なんぞ作っていこうものなら、確実に仕事が終わる頃にはとんでもないことになっていそうな予感・全開☆
職場の冷蔵庫を使えば問題ないのだが、共用なブツをあんまり大々的に使えないというかなんというか……
そもそも持っていったはいいものの、スペースありませんでしたとかだったら、ホント笑えない。

とりあえず常温でも問題なさそうな、パンを焼いて持って行きました。
ただ、普通に作ればよかったものの、以前とあるレストランで食べたパンがですね、ふと頭の中をよぎったのですよ。
ブルーベリーが生地に練りこんであってですね、色がほんのり綺麗な紫色のパンだったのですが。

思い立ったので、レッツチャレンジ☆とかノリノリで材料用意したまではよかったものの、肝心のブルーベリージャムがない(笑)
いや、そもそもジャムを生地に練り込むのはどうだろうと思ったんですけどね?やってみても多分そこまで酷い被害はでなかろうと思って決行したんですよ。

ブルーベリーのかわりにイチゴジャムで。
ついでになんかレーズンがあったので、レーズンも追加。
ブルーベリーレーズンとストロベリーレーズンだったら前者の方がなんとなくマシな気はするものの、正直ジャムを買いに行くのが面倒くさ……ゲフンゴフン。
いや、本来ならこれってジャムじゃなくて果実ソースとかを使うべきなんだろうけど。果実ソースはジャムよりも高……うぉっほん。 秀和西麻布レジデンスの評判を知る

0 Words

前日。ブラック師匠と話していて

前日。ブラック師匠と話していて、この映画の話になり、「ポレポレ東中野」でやればいいような内容なのに、六本木ヒルズなんかでやるから、観に行けないじゃないか」と師匠が憤慨していたことを思い出したのだ。

内容は、マイナーなドキュメンタリーなのに、庵野秀明プロデュースということで全国ロードショーが決まり、その先行ロードショーが、今、六本木ヒルズで行われているということだ。今日はヒマだし、行ってみるか、と思いついてしまったのだ。

西武新宿線から中井駅から大江戸線に乗り換えれば、六本木はあっという間。
カレー屋(またか!)で腹ごしらえして、15:45の上映回のチケットを入手。http://www.ablaze.co.jp/mmm/プレミスト赤坂檜町公園/

ヒルズ内で時間を潰し、TOHOシネマに舞い戻って、15:40頃、席に着こうとすると
後ろの席から「あ、ナカムラさん!」という呼びかけ声が…。

声の主は誰か…なんと元気いいぞうさんではないか。「両手に花」状態の元気さんに、手を挙げて挨拶しG-9席というど真ん中の席に腰を落ち着ける。客の入りは…ほぼ、満席。

映画は、予想以上に素晴らしかった。
(以下、ネタバレあり)
05年5月に亡くなった女優・林由美香の「死」に決着をつけるべく、かつて不倫関係にあった、平野勝之監督が挑んだドキュメンタリー。

8 Words